難民支援

世界中で避難を余儀なくされている難民の人々を支える

―飢えに苦しむやせ細った母と子―食糧配給や医療の助けをひたすら待つ人々の波メディアで写される彼らのそんな姿は、「難民」に対する一方的なイメージを私たちの中に植えつけています。難民の人たちが必要としているものは何でしょうか。衣・食・住といった必要最低限のものが揃えば、それだけでいいのでしょうか?
紛争や政治的な理由により、生命の危険から逃れるため国境を越えて難民となっている人々は、世界に約2,000万人います。10年以上も難民生活を続けざるを得ない状況の人々もたくさんいます。
いつ自国に帰還できるのか全く先が見えない生活とはいったいどんなものか、私たちの想像をはるかに超えています。生きる希望を持てない苦しみは、十分な食料を得られない苦しみより、実はとても深くて重いものなのです。
ただ「生きている」だけではなく、より「人間らしく」生活できるよう、長期化した難民キャンプでは、教育プログラム、カウンセリング、青少年の文化活動、スポーツなどの支援がとても重要です。特に、若者へのそうした支援は、キャンプ生活を終え無事帰還したのち、自国再建の中心的役割を担っていく上で必要となる技術や知識につながります。辛く厳しい体験を乗り越えてきた彼らが、演劇、音楽、美術工芸、スポーツなど様々な活動にやりがいを見つけて生き生きと活動したり、他国籍、他民族への理解や共存を学ぶ平和教育につながったりもしています。

―飢えに苦しむやせ細った母と子―食糧配給や医療の助けをひたすら待つ人々の波メディアで写される彼らのそんな姿は、「難民」に対する一方的なイメージを私たちの中に植えつけています。難民の人たちが必要としているものは何でしょうか。衣・食・住といった必要最低限のものが揃えば、それだけでいいのでしょうか?
紛争や政治的な理由により、生命の危険から逃れるため国境を越えて難民となっている人々は、世界に約2,000万人います。10年以上も難民生活を続けざるを得ない状況の人々もたくさんいます。
いつ自国に帰還できるのか全く先が見えない生活とはいったいどんなものか、私たちの想像をはるかに超えています。生きる希望を持てない苦しみは、十分な食料を得られない苦しみより、実はとても深くて重いものなのです。
ただ「生きている」だけではなく、より「人間らしく」生活できるよう、長期化した難民キャンプでは、教育プログラム、カウンセリング、青少年の文化活動、スポーツなどの支援がとても重要です。特に、若者へのそうした支援は、キャンプ生活を終え無事帰還したのち、自国再建の中心的役割を担っていく上で必要となる技術や知識につながります。辛く厳しい体験を乗り越えてきた彼らが、演劇、音楽、美術工芸、スポーツなど様々な活動にやりがいを見つけて生き生きと活動したり、他国籍、他民族への理解や共存を学ぶ平和教育につながったりもしています。

現在実施中の難民支援

わかちあいプロジェクトは、1993年、アフリカのソマリア難民救援をきっかけに、継続的に難民支援活動に取り組み、アジアやアフリカ、中東の避難生活を余儀なくされる人々を支えてきました。衣類や食料など生活に必要な物資の支援にはじまり、長期的な視点から教育、文化活動、スポーツなどへも支援を行ってきました。
現在では、タンザニアの難民キャンプ支援を行っています。

1993年、アフリカ・ソマリア難民救援をきっかけに、継続的に難民支援活動に取り組んでいます。アジアやアフリカ、中東など、世界各地で紛争や政治的な理由により、生命の危険から逃れるため国境を越えて難民となっている人々へ、物資や資金などで支援しています。

タンザニア難民キャンプ

●支援先:タンザニアの難民キャンプ
●概要:タンザニアでは、近年、隣国のブルンジやコンゴの情勢悪化により、多くの難民を受け入れています。国境近くのキゴマ地区に設置された難民キャンプ郡では29万人以上が避難していると言われていますが、そのうちンドゥタ難民キャンプとムテンデリ難民キャンプでの古着配布を予定しています。現地受入団体のTCRSは、各国の支援団体や国際機関から物資協力を得て、難民の生活を支えています。

●支援先:タンザニアの難民キャンプ
●概要:タンザニアでは、近年、隣国のブルンジやコンゴの情勢悪化により、多くの難民を受け入れています。国境近くのキゴマ地区に設置された難民キャンプ郡では29万人以上が避難していると言われていますが、そのうちンドゥタ難民キャンプとムテンデリ難民キャンプでの古着配布を予定しています。現地受入団体のTCRSは、各国の支援団体や国際機関から物資協力を得て、難民の生活を支えています。

ホーム

わかちあいプロジェクト

国際協力活動

フェアトレード

フェアセレクト

古着支援

採用情報

ページトップ